どんな歯医者なんだろう?

さわい歯科の3つの方針

HOME >  どんな歯医者なんだろう?  > さわい歯科の3つの方針

さわい歯科の3つの方針1

  • 聞きづらいことも、お気軽にご相談ください。それが、さわい歯科医院のモットーです。

    院長

    さわい歯科医院が一番に思うのが、「患者さまとのお付き合いを途切らせない」ということ。
    皆さんは、歯が痛くなったり、食事がままならなかったり、入れ歯が落ちてしまったり、
    どうしようもない時にだけ歯医者に通うことが多くないでしょうか?

    さわい歯科医院では、治療が終わってからが良いお付き合いのスタートだと考えます。
    治療の繰り返しで歯の寿命を縮めるのではなく、定期的な健診を行い、正しく予防し、
    末永く健康な歯でいられるようお手伝いいたします。

さわい歯科医院の心がけ
何でも相談できる親身な姿勢
徹底したカウンセリング
わかりやすい説明
抜くよりも、残す努力
できるだけ痛くしない
正しい予防指導・予防治療
さわい歯科医院は、大阪・京橋に開業して20数年。
これまで通り患者さんの目線を大切にし、お子さんから
ご年配の方まで途切れないお付き合いができるよう、
今後も取り組んでまいります。

さわい歯科の3つの方針2

  • 専門用語を使わず、わかりやすく。患者さん目線での説明を徹底します。

    院内

    皆さまは歯科医院での説明というと、どんなイメージを持たれていますか?
    どう見ていいか分からないレントゲン、自分の歯並びやお口の状況と違う模型など、
    「わかりにくい」という声が多いかと思います。

    さわい歯科医院では、徹底した予防をモットーにしており、まず自分の歯や歯茎、
    お口の状態を正しく知ってもらうことが、一番効果的で患者さまのためになると考えます。
    そこで登場するのが「デンタルテン」というツールです。これを使ってイラスト付きのわかりやすい
    診断書が作れます。専門知識を知らなくても口腔内の状態が一目でわかるのが特長です。

デンタルテンの診断書で分かること
歯の汚れ具合
歯の状態
歯茎の状態など
  • 受付


    患者さまと情報を常に共有することで、一緒に歯の健康を考えやすくなります。
    説明用に使うのはもちろんですが、患者様の診療の進み具合に応じて診断書をお渡し
    しますので、患者さま自身が見て確認することで虫歯予防や歯周病予防にもつながります。
    デンタルテンとは?

さわい歯科の3つの方針3

  • 器具等の滅菌に「EO水」を使用。院内の感染予防を徹底します。

    代替画像

    「EO水」とは、インフルエンザ・エイズなど様々なウイルスを分子レベルで破壊する殺ウイルス力を
    持ち、結核菌・O-157など病原菌を不活性化または死滅させてしまう特殊な強酸性水です。
    この「EO水」を器具などの消毒に使用し、院内感染の予防に取り組んでいます。
    もちろん人体には無害。消毒用の薬品などと違い残留性・薬剤耐性がないからです。
    皮膚や唾液などの有機物に触れると普通の水に戻り、病原菌やウイルスにのみ反応します。

    また当院では抜歯の消毒や止血にもEO水を使用。滅菌効果に加え、収れん作用により
    優れた止血効果があるためです。

  • 「EO水」は「虫歯予防」や「歯周病予防」などにも威力を発揮。ご自宅での「うがい」や「ブラッシング」などにも使えます。

    EO水ボトル

    ご家庭でEO水が使えるよう、当院ではボトル(500ml)300円(税別)にて
    患者さまお分けしております。治療が無くても「EO水」のみの販売可。
    お気軽に受付にお申し出ください。

    EO水(500ml) 315円(ボトル代・税込)
    ◇ 遮光性専用ボトル
    ◇ 次回ボトル持参の場合:500ml/210円(税込)

EO水の詳しい使い方は、院内にて「手引書」お渡しいたします。お気軽にご来院ください。
EO水の効能
虫歯予防(原因菌を抑制)
歯肉炎・歯周病の予防
唾液の少ない方特有のネバネバ感の解消
口内炎の改善
口臭予防
口中粘膜の消炎・鎮痛効果
風邪の予防や喉の痛みに
入れ歯の洗浄や滅菌
  • ◆ EO水の医療機関での応用例

    ・ アトピー性皮膚炎の治療として、ステロイド剤を使用した際に
      EO水を併用すると、ステロイド剤の副作用の軽減や患部の
      殺菌、痒みの軽減が期待できる。
    ※ 必ず専門医と相談し、指導を受けてから使用してください。
    ・ 床ずれ防止・口腔清掃
    ・ 病院施設の衛生管理






  • ◆ EO水のご家庭での応用例

    ・ 傷口の殺菌(火傷、すり傷、切り傷、虫刺され、かぶれなど)
    ・ 赤ちゃんのオムツかぶれ
    ・ ニキビ・吹き出もの
    ・ 水虫・タムシ
    ・ 痔、生理かぶれ
    ・ 洗顔
    ・ 髭剃り後や洗髪後に
    ・ 家庭菜園や観葉植物の防虫・防病
    ・ ペットの消毒・臭い防止
    ・ 食器・まな板などキッチン周りや用品の除菌や漂白
    ・ 生ごみや排水溝の防臭・カビ抑制
    ・ 食材の除菌(生食用の魚・野菜などの洗浄水として)

初診の患者さまへ

  • さわい歯科医院から患者さまへお願い。

    虫歯で痛い時など急患を除き、まずはお電話でご予約ください。
    患者様一人一人しっかりとお時間を取ってカウンセリングから治療に
    当たれるよう、予約制をとっています。
    ご来院の際には、保険証をお忘れなく、ご予約はお電話にてお願いいたします。
    可能な限り、使用中の歯ブラシをご持参ください。

治療の流れ

治療の流れ
  • 1. カウンセリング

    来院時に医師とお口についてのお悩み、歯の状態や今までの診療経験、
    治療後のご希望などをご自由にお話しください。

  • 2. 検査

    初回はまず、詳しい検査をします。
    レントゲン写真、お口の中の写真を撮り、歯と歯肉、かみ合わせの検査、
    歯の型取り(後日模型で説明)などをします。

    痛みがある場合は、痛みを取り除く応急処置をします。
    仮歯などが必要な場合はできるだけ早く対処いたします。

    【むし歯治療の場合】
    ◇ 基本検査・・・視診、レントゲン診査
    ◇ 症状に合わせておすすめする検査・・・食生活のチェック、
      唾液検査(=カリエスシスクチェック、但し保険適応外 実費:5,000円)

    【歯周病治療の場合】
    ◇ 基本検査・・・問診(生活習慣病、全身疾患の有無、喫煙の有無)
      視診、レントゲン診査、プロービング(歯肉ポケット診査)

  • 3. 治療の説明・カウンセリング

    お口の中全体の状況を説明し、患者様のご希望に沿った
    今後の治療の進め方についてご説明します。

  • 4. 治療開始

    本格的な治療に入ります。
    お口の中全体を捉えたトータルな治療を進めます。

  • 5. 治療終了~経過説明・観察

    治療後、経過報告とお口の健康の維持・増進についてご説明します。

  • 6. 定期健診

    治療が終了された方には、定期検診をおすすめしています。
    歯周病やむし歯の進行具合などで個人差はありますが、
    3ヶ月から半年に1回の検診をぜひお受けください。

  • face_book

    さわい歯科医院 face book

    大阪の京橋にあるさわい歯科医院の活動報告は右のバナーをクリック!